数理システム 数理最適化ブログ

最適化楽屋話#11

Numerical Optimizer 開発責任者の田辺隆人でございます。

月が替わって先月のこととなりますが、V20をリリースしました。新しいNuorium や Excelアドイン、ライブラリの機能増強が皆さまのお客に立つことを願っております。

今日はExcelアドインを使って配送計画のサンプルを作ってみました。車5台が工場A~Fを次のように巡回しているとき、各車が所定の需要の消耗品を何ケース分持ってどこに配送すればよいか、という問題です。

各車両は80ケースまで詰めるとすると、2台ではぎりぎり足りず、3台必要になります。3台で届ける方法の一つは次で、表の各マス目を変数にし、車を使うかどうかの0-1変数と連動させ、需要を満たしながら車の台数(0-1変数の和)を最小化すると出てきます。

ただ、これでは車の積載量が偏っています。

あとはサンプルと一緒にダウンロードできるスライドを参照いただきたいのですが、Excel上から積載量の最小値を設定してみたり、値が入っているマス目の合計数を最小化したりして、バランスが良く、しかも一つの工場を一つの車両が担当する答を出すのがこのデモンストレーションのストーリーになります。

実務的な最適化問題ではパズルのように答が一つしかないといったことはあまりありません。むしろ答は沢山あるのが普通です。数理最適化はその答の「海」の中から、制約や目的関数の設定によって、人間の直観に合致するものを取得する「案内人」の役割を担います。そんなときにこのExcelを使った対話型インタフェースが力になります。


田辺隆人

Numerical Optimizer 開発責任者

無料最適化セミナーのご案内
紹介資料はこちら